テスト

 

もっと早くこうゆうのやって欲しかった…

依頼者様、受講者様から上記お声を多数いただいきます

正直、このようなサービス今までありませんでした

だからはじめました

まだまだ遅くはありません

お気軽にお悩みご相談ください

U-style
U-style

はじめまして U-style(ユースタイル)代表のうしきです。

オンライン研修大好評開催中です。

お気軽にご相談ください!

鉄骨に特化した研修会を

145回(20/8/7 現在)

行わせていただいたノウハウがあります

企業ごとのお悩み「特化型」鉄骨研修会!

お悩みの根本は「工務力」の不足ではないでしょうか??

https://ustyleblog.com/about/

U-styleは鉄骨に特化した研修を行い

本当に必要な知識とスキルを身に付けた

鉄骨人材の育成をサポートさせていただきます!

もちろん各社様お悩みはバラバラですので

それぞれのお悩みに沿ったプログラムをご提案

させていただきます!!

!!一日から一年間以上、期間もご希望おきかせください!
お問い合わせはこちらをクリックか、知り合いからの口コミでお願いします笑!!

【対面】初心者、新入社員 1人あたり1h 5,000yen〜 ※交通費別途
「鉄骨入門基礎講座」
  • 鉄骨とは…」「その前に建築とは…」といった内容を丁寧に教えます!
  • 模型で学ぶ鉄骨構造入門」を使用し、これが柱・これが大梁…といった名称を一から教えます!!
  • 自分で実際に手を動かすことで得られる気づきや、建物が建ったときの達成感チームワークを受講生自ら体感していただきます!!!

細かな部分で貼りつけや切り込みのゆがみがあり、組み立てに苦労しました。

少しのズレが大きな問題となってしまうので本物の鉄骨ならどんな苦労だろう…と 気が遠くなりそうでした。

いまいち理解に乏しかった部分、納め方向やブレースの向きやデッキ受けの使い方など絵よりもわかりやすかったです。

使用する教材はこちら

 
 
 
 
【オンライン】初心者、新入社員、中堅社員 1人あたり1h 6,000yen〜

鉄骨工事の基礎を学ぶ座学系講座!
  • 映像教材『建築鉄骨ができるまでー映像で見る鉄骨製作技術』を活用したJASS6入門講座
  • 鉄骨製作管理技術者の資格取得を目指す「マルカン取得講座」
  • 溶接管理技術者の資格取得を目指す「WES取得講座」
  • 建築士の資格取得を目指す「建築士取得講座」
  • 積算のポイントを理解する「積算チェックポイント講座」new

今回の研修参加は入社をしてから初めてでしたので、とても感謝しております

資格取得を目指してモチベーションがアップしました!

【オンライン】初心者、新入社員、中堅社員 1人あたり1h 8,000yen〜
 
“図面”の力を伸ばす座学、実践系講座!
  • 設計図や工作図の見方を強化する「読解力養成講座」
  • 工作図の描き方を強化する「作図力養成講座」
  • 工作図のチェック力を強化する「チェック力養成講座」
  • 専用機を新しく導入する「専用機入門講座」
  • 専用機の実践的な使い方レクチャーする「専用機応用講座」
  • 材料の知識を学習する「材料基礎講座」
  • 構造設計の知識を学習する「設計力基礎講座」
  • 標準ディテールを理解する「ディテール追求講座」

素朴な質問にもご丁寧にお答えいただけて、大変助かっております。

また、実際に工務や図面担当をされていた方としてのアドバイスが非常に役に立っております。

ありがとうございます。

使用する教材はこちら

https://ustyleblog.com/%e8%b6%85%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%81%a7%e3%81%99%ef%bc%81%e3%80%8c%e5%bb%ba%e7%af%89%e9%89%84%e9%aa%a8%e6%a8%99%e6%ba%96%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8d/

【オンライン】中堅社員 1人あたり1h 10,000yen〜

質疑や打合せの“工務力”を身につける実践系講座!
  • 答えをもらえる質疑を作る「質疑力養成講座」
  • 打合せでの交渉力を身につける「打合せ力養成講座」
  • メール・電話でのコミュニケーション能力を鍛える「コミュ力養成講座」
  • 工程表の作成、進捗管理能力を身につける「工程管理能力養成講座」

ロールプレイングでは普段のいい加減な対応が浮き彫りになってしまい、反省と恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

客先・作業者と気持ち良く仕事するためには、相手が何を求めているのかを予測して準備しておくこと、また普段からコミュニケーションを密にしておくことが重要だと感じました。

 
いま積極的にヒトを育てないと、この業界に未来は無いと思うんです
 
FABの“痛み”を少しでも取り除いて
本来のおもしろい鉄骨業界をとりもどす

!!オンライン見学も大歓迎です!お問い合わせはこちらをクリックか、知り合いからの口コミでお願いします笑!!