建築鉄骨標準ディテール

 

 

  • 推薦【すいせん】のことば
    • 設計者・施工者・製作者が協同して作業に当たることが欠かせない
    • 相互理解
      • 施工者・製作者:設計図書に示された設計意図を理解しその実現に努力する必要
      • 設計者:設計図書の作成に当たり施工者・製作者の実情を理解した上で行うことが肝要
  • はじめに
    • 「安全性」と「経済性」、すなわち「品質」と「作りやすさ」が求められることを考慮した場合、複雑で加工工数が多いディテールは出来るだけ避ける
      1. 部材の形状・寸法の種類を少なくする
      2. 使用する材料の種類を少なくする
      3. 複雑なディテールは避ける
      4. 溶接箇所・量が少ない部材及びディテールとする

 

  • 第2章 鉄骨製作全体の流れ(【てっこつせいさくぜんたい】の【なが】れ)
    • 一般図
      • 伏図・軸組図・継手基準・溶接基準・仮設基準等、全体の基準となる図面
      • 一般図の承諾ののち詳細図の作図を行う
    • 詳細図
      • 柱・梁・ブレース等、単品ごとの図面
      • 仮設部材・貫通孔・デッキ受・外壁取合い等全ての情報を網羅しなければならない
    • 工作図(一般図・詳細図)は、製品を加工していく上での作業指示書であり、各工程でのチェックシートでもあるので、この工作図に誤りがあれば、正しい製品は製作できない
    • 様々な角度から検討するとともに、図面のチェックを確実に行うことが大切
    • 現寸
      • 承諾を受けた一般図・詳細図から材料切断リスト・CLデータ(切断・孔あけ等の形状・寸法データ)、切断・孔あけ・開先加工用の型板・NCデータ(切断・孔あけ等工作機器の数値制御データ)、けがき用定規等の作成を行う
    • 鉄骨工事は重量物を扱い、段取りに時間を要するため、製作工程通りに作業を行うことが一番重要になってくる
    • たとえプレート1枚でも一旦工場を出てしまった製品に取り付けるには再度工場に取り込まなければならず、製作工程の中で行う作業に比べ何倍もの時間とコストを要する
    • 工作図は製品加工の指示書であり、工作図の遅れは加工の遅れに直結するので、工作図の承諾日を厳守し、次工程に流す事が製作工程を守る上で、最も大切であり、それが、良い品質につながる

 

  • 第3章 材料
    • 低層建物では 400 N/mm² 綱、中高層建物では 400〜490  N/mm² 綱、超高層建物で 490〜590  N/mm² 綱が多く使用される
    • 厚さ 40 mm 超えの鋼材に普及しているTMCP綱
    • 建築構造用鋼材
      • A種:小梁・間柱等の二次部材やトラスのように弾性範囲で素性変形性能や溶接性を必要としない部材に適用する
      • W種:鋼管のみに設けられた鋼種で、用途はA種と同じであるがシーム溶接がなされるので溶接性を付与している
      • B種:溶接性と耐震部材としての塑性変形性能を備えた材料で、柱や大梁の主要骨組に広く適用する
      • C種:B種の性能に加えて、厚さ方向の絞り値やUT検査が規定されている材料で、溶接組立箱型断面のスキンプレートや通しダイアフラムのように厚さ方向の性能が要求される部材に適用する

 

  • 第4章 各種鉄骨形式の標準ディテール
    • H柱形式の標準ディテール
      • 柱貫通が基本
      • 取付く梁フランジ幅が柱の断面を超える場合は梁貫通形式とする
      • 梁フランジ厚が柱フランジ厚の2サイズアップを超える
      • 柱貫通形式 梁貫通形式(柱幹部に開先加工)
      • e=150mmを基準
      • 超音波探傷検査の可否(必要測定長さ:7t以上、t:柱フランジの板厚)
      • ハンチ部の勾配 原則として 1:2.5 以上
      • 柱貫通、梁貫通の ダイアの材質 板厚 ミミの出 チリ
      • 弱軸取合いパターン
      • 柱トップのH寸法は20mmを基準とする
        • 余盛の考え方
      • 屋根勾配 弱軸が剛接合の場合は、弱軸側の梁取合いを考慮してダイアフラムが水平になるように鉄骨に勾配を設ける
      • ブレースのポイント
      • 弱軸2面せん断継手の場合、高力ボルト締め付け機にて締め込みが可能なことを確認する
        • 締め付け機の寸法
      • 陸立ち柱
      • 柱脚部

 

    • 角形鋼管(コラム)柱形式の標準ディテール

 

    • 溶接組立箱型断面(ビルトボックス)柱形式の標準ディテール

 

    • 円形鋼管(パイプ)柱形式の標準ディテール

 

    • SRC柱の標準ディテール

 

    • 共通事項

 

  • 第5章 一般事項
    • 溶接

 

    • スカラップ

 

    • 裏当て金・エンドタブ

 

    • 溶融亜鉛めっき

 

    • H形鋼の継手

 

    • 小梁接合部

 

    • 仮説部材

 

    • 輸送