「岳飛伝 15 照影の章」を読んで

book

こんにちは U-style です

 

引き続き 岳飛伝 15 照影の章 (集英社文庫) のご紹介

 

「志の奴隷になる。俺は、悪くないという気がするのですが」

「気がするだけさ」

ここの会話がなんか妙に気に入っています

 

性急と果断。

岳飛との対峙の中での程雲の成長のようなものが描かれていて面白いです

 

物語は段々とクライマックスへ向け描かれて行きます

目が離せません!!

 

 

ありがとうございます