book

スポンサーリンク
PM

こ、これは…

こんにちは U-style です プロジェクトマネジメントについて学んでおります。 そんな中、ジャケ買いといいますか、なんかタイトルに不思議な魅力を感じた1冊、 『プロジェクトマネジメントなう\(^O^)/: 20年間無敗のマネジメントノウハウ』をご紹介します 正直あまり中身に期待していなかったのですが、笑 めちゃくちゃいい本だと思います!!! ...
読書

どう読むか

こんにちは U-style です 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)』がビジネス書大賞2018受賞の山口周氏 同書は以前読んで大いに参考になりました そんな周さんの『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』をご紹介させていただきます いわゆるハウツー本なのかもしれませんが、 ...
仕事

「大企業の時代」は終わったか

こんにちは U-style です チームラボの猪子 寿之さんに興味を持ち、読んだ『「大企業の時代」は終わったか 【Voice S】』 チームラボの活動同様、あまり言語化することを、好まない感じに なんというか芸術的なものを感じます これからもチームラボの活動に目が離せないですね 仕事の能力を上げるのは、その仕事に取り組んだ「量」と「質」です...
book

町工場に必要なもの

こんにちは U-style です 真山仁さんの私の大好きなハゲタカシリーズのご紹介です 『ハゲタカ外伝 スパイラル』は前回の4と次の5の間のサイドストーリーで、 誠実で実直な人柄(ゆえに損な役回りになる)の芝野さんがメインに描かれたものです エジソンは、自分ほどの天才でも努力が必要だと言ったんとちゃうぞ。一%の閃きがないのやったら、九九%の努力な...
book

みんな居場所がない。

こんにちは U-style です 私は高校時代はバスケットに明け暮れて、まったく勉強をしませんでした 授業中は睡眠時間に当てていました ある日寝ているところを先生に「おい、おっさん」と怒られて起こされ 「寝たかったら保健室行け」と言われて、素直に保健室に行ったことを、 今でも高校の同級生に会うとたまに言われます笑 ダメ学生ですね。先生すみません… ...
book

めちゃくちゃ熱い。好きです

こんにちは U-style です 幻冬舎の編集者、箕輪さんの『死ぬこと以外かすり傷』がおもしろかったというご紹介をさせていただきました そんな箕輪さんが双葉舎時代に編集をされた、幻冬舎代表取締役社長の見城徹さんの『たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)』をご紹介します 『死ぬこと以外かすり傷』を読んだ後だと、箕輪さんが見城さんの全てを吸収されてい...
book

意識くらい高く持て

こんにちは U-style です 幻冬舎の箕輪厚介さんが編集した本がとにかくおもしろくて、 久しぶりに本人の本も読み返しておりました 死ぬ気で編集という仕事に向き合っているからこそ、 この人は一気に、急激に成長しているのだろうと思います 初めは本屋で気になって立ち読みして、正直「ふーん」程度だったのですが、 キンコン西野さんの「新世界」を読んだ後...
book

メタとは何か?

こんにちは U-style です 去年読んだ中で間違いなく一番良かった一冊『メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)』で「抽象化」の重要性に気付き、 これはもっと深める必要があるなと思っておりました その中でご紹介されていたところから細谷功さんの『具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ』を読んで...
book

自由に生きていくための技術

こんにちは U-style です 私は基本的には誰かにご紹介いただいた本や、尊敬する人が読んでいる本、 あるいは読書をしながら、その本の中で紹介されている本や人物の名前が挙がれば、 すぐにその本をゲットし読みます (なのでご紹介させていただいている本に大幅な偏りがあります…) 本日は、そんな中で出会った、尾原和啓さんの『ITビジネスの原理』を紹介します...
book

マッキンゼー流 リーダーシップ

こんにちは U-style です 久しぶりに伊賀泰代さんの『採用基準』を拝読しました 一言で言うと「リーダーシップ」について全面的に書かれた本なのですが、 何年経っても色褪せない強さや説得力を感じる1冊です コンサルティングファームのマッキンゼーでの経験から求める人材を例に書かれているのですが、 結局は全ての業種、会社において、あるいは一国としても当て...
スポンサーリンク