「ハゲタカ2.5 ハーディ(上)」を読んで

book

こんにちは U-style です

 

なんか上の子が急にでんぐり返しにハマり出しました

誰に教えられたり、テレビで見たわけでもないのですが・・・

子供は不思議ですね

将来は体操選手ですかね

 

さて、全然関係ないですが ハゲタカ2.5 ハーディ(上) (講談社文庫) を紹介します

ハゲタカシリーズは読破したと思っていましたが、

そういえば「○.5」は読んでないなと思い触れてみたら

やはりグイグイ読んでしまいました

 

ちなみにハゲタカ2と3の間の話という意味で2.5です

ハゲタカ2についての記事は下記より↓

ストーリーもさることながら金融の勉強になる小説です

 

「人は生まれ持った才能を生かしてこそ生きたことになるって、今日、気づいたのよ」

貴子さんが主人公に描かれた本作ですが、色々と巻き込まれ感がエグいです笑

鷲津さんと関わったばかりに。。。

 

世界の命運を左右する最大のエネルギーは、カネでも経済性合理性でもない。人間の感情や欲望です

何事においても突き詰めるとここに行き着く気がしますね

実はハゲタカシリーズで一貫して主張していることに気づきました

 

「大願成就のためなら、何でもやる。それでこそ一流のプロです。口先だけの誓いでも誠意があるように演じられないのなら、この世界から足を洗ったほうがいい」

 

ハラハラする怒涛の展開に目が離せません

気になった方はぜひ読んでみてください!!

 

ありがとうございます