「岳飛伝 16 戎旌の章」を読んで

book

こんにちは U-style です

 

最近は出張やら建築士のお手伝いやらで子供の起きている時間になかなか帰れませんでした

ただ朝子供に叩き起こされて短い時間ですが一緒に過ごすだけでも子供の成長を感じます

 

さて、本日は岳飛伝 16 戎旌の章 (集英社文庫)のご紹介です

 

簡単ですが心にとまったところのメモです

人の生は、月の光を浴びた海面のようなものだ。その時で、容相を変える。一瞬も、同じ光ではない。

しかし、海はいつまでも海なのだ。

 

戦は人間の病さ

 

クライマックスに向かって進んでいきます

良かったら読んでみてください

 

 

ありがとうございます