【WS vol.215】対話を通じて

こんにちは U-style です

 

本日もウェビナー開催させていただきました

 

研修でやったことが実務で活きたことを共有させていただきましたが、

皆さま素晴らしい内容を共有していただきよかったです

 

対話を通して「理解できていること」「理解できていないこと」が

はっきりと見えてきますので、すごくよいことだなと最近感じております

 

一方的にお伝えするのではなく、

限られた人数でのWorkshopなので、一人ひとりにしっかりと向き合っていきたいと思っております

 

今回の学び

物事を立体的に捉える感覚が重要

ある面から見たら干渉しているようには見えませんが、

実際は干渉していたり、

断面が別々に描かれているせいで干渉に気づかなかったりなど、

物事を立体的に捉える能力が重要であると思いました

 

ボトルネック工程前の段取りが重要

図面にしても溶接にしても、その工程がスムーズに流れるように

その前処理が重要ということ

客先から来た指示をそのまま流すのではなく、

下拵え(不明点や不整合を取り除く)をした上で次に渡してあげることが

非常に重要かと思います

 

本日も大変勉強になりました

 

ご参加いただきました皆さま

誠にありがとうございます

0