もの造りにおける必読の一冊

BOOK

こんにちは U-style です

 

大学の時から貪るように読んだ藤本隆宏氏の『日本のもの造り哲学』をご紹介します

 

最近の仕事柄、読み直して改めてその洞察力の凄さに驚愕します

 

めちゃくちゃ勉強になる・ためになる一冊です

 

 

「トヨタ的な生産システム」
あえて一言でいうなら、「工程から製品への、密度・精度の高い設計情報の転写を行うための首尾一貫したルーチンの体系」として統一的に説明することができるかと思います。

◉全体最適のための研ぎ澄まされた解

⇒選択と集中 そして愚直にやり続けること

 

 

 

「進化」というのは、突き詰めて考えてみると、計画のあるなしにお構いなく、とにかく結果的にしぶとく生き残る、という非常に泥臭いプロセスだと思うのです。

◉愚直さが大事

⇒自分の中で愚直に続けられていないもの 改めて見つめ直してみる

 

 

 

一口に同じ日本の企業といっても、どの時代に決定的な原体験を持っているかによって、産業の性格も会社の組織能力も違ってきます。

◉時代の流れとタイミングが大事

⇒情報を集めて、分析して、アクションしよう

 

 

ものづくりにおけるありとあらゆるヒントが詰まった一冊かと思います。
名著です。
まだお手に取ったことのない方は必ず一度は目に通した方が良いかと思います

 

 

一般に、エンジニア(設計仕様を考える人)とCADオペレータ(コンピュータ画面でそれを具象化する人)の間で…

続きはこちら!

 

最近読んで良かった本

1位『日本のもの造り哲学

 

2位『トヨトミの逆襲

 

3位『君子を目指せ小人になるな

 

 

U-style
U-style

気づいたら家内が日焼けをしていて

私が家を開けている間、

頑張って子育てしてくれていることを

しみじみと感じました…

父ちゃんはみんなのためにも

頑張るからねー!笑

 

ありがとうございます